スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - 
さらに渋く(イキモンカメラ in Myanmar)
ここまでくると、歴史の教科書レベルかも。(笑)


インレー湖のさらに奥地のピーナッツ畑。

でも実際は...
続きを読む >>
World / Travel (Asia) comments(8) trackbacks(0) 
ミャンマーでイキモノカメラ
-- ぷち旅レポ ミャンマー'06編 --

ミャンマーに行くなら持って行かねば、といっても、めちゃくちゃチープなトイカメライキモノカメラ過去記事)ですが、やっと現像してきました。何を撮ったのかすっかり忘れてしまっていたのですが、現像後もどこで撮ったのか?何を撮りたかったのか?わからないモノばかり(笑)、とりあえず写っているものだけをプリントアウトすることに。かな〜り渋めに仕上がった気がします。現地の観光パンフにいつまでも使われ続けていそうな写真(小さく片隅に)って感じ。(笑)
今も昔も変わらない、ミャンマーのいいところ。


バガンにて。また地味な場所で撮ってるなあ。(笑)


記憶にない一枚。
続きを読む >>
World / Travel (Asia) comments(4) trackbacks(0) 
ホッとする
-- ぷち旅レポ ミャンマー'06編 --

そろそろ少しずつ...(汗)
国民の85%が仏教徒であり仏教国で知られるミャンマー。けれど、意外にも様々な宗教と民族が共存している国でもあった。ヤンゴンの町をちょっと歩いただけでも、キリスト教会、イスラム寺院(モスク)はすぐ目に付いたし、中国寺院、さらにはヒンズー寺院、ユダヤ寺院(シナゴーク)まであるのかい!!といった感じ。
そんな中でもモスクに至っては目敏く見つけてしまったりして(笑)、慣れというか、新しいモノの中に懐かしさを発見した感じで、目にする度に何となくホッとしてしまった。偏りすぎ?(笑)


ヤンゴンのダウンタウン。"おっ!モスクだ!"パチリってな具合。(笑)


カローのような小さな町にだってある。


ニァゥンシュエ(インレー湖)で見かけたモスク。
続きを読む >>
World / Travel (Asia) comments(0) trackbacks(0) 
記念コラ No.2

全くと言っていいほどBLOGにUpしていないチベット汗

スミマセン、こんなもので...
PCの発注はもうちょい後でして、先に周辺機器でも買いに行ってきます。

あ、ちなみに前回の(No.1)はコレ。(笑)
World / Travel (Asia) comments(4) trackbacks(0) 
真っ黒け
昨日ミャンマーから帰国しました〜。
帰りはバンコクから5時間、あっという間でした。アジアって近いのね〜としみじみ。

初めての東南アジア、私の予想では、酷暑のヤンゴンに到着→早々に暑さで気分が悪くなる→ミャンマーの食事でお腹を壊す→体力激減→日々しんどいまま旅を続けてなんとか帰国→やっぱり東南アジアは...という流れだったハズが(笑)、毎日35度前後の気温はあったものの、東京のスモッグのかかったあのいかにもグレ〜でイヤ〜な夏の暑さに比べたら全然平気なもので(照りつける太陽は半端ないけどね)、さらに初日から毎度のようにミャンマー料理を食べても胃腸は元気、いつからこんなに丈夫になったんだっけ〜私の胃って??っていうくらいすこぶる体調も良く、私にしては珍しく精力的に移動と観光をして帰ってきました。


カローでのんびり。

今回はヤンゴン→バガン→カローとその近郊→インレー湖→ヤンゴンと周ってきました。
毎日早起きしては夕方まであちこちに出かけていたので、私にとってはかつてない程、真っ黒に日焼けしてしまいました。日焼け止めなんて気持ち程度で役立たずだったさ...泣。
ではでは、旅レポはいつも通りで。(^^ゞ
World / Travel (Asia) comments(2) trackbacks(0) 
GO!GO!ミャンマー
只今、関空国際線ロビーにおります。
これからバンコク経由でミャンマーまで行ってきます。
中国に続き、これまた初の東南アジアです。(似合わねぇ、笑。)
GW明けに帰国の予定です。
では、行ってきま〜す!


"イキモノカメラ"しろくま君(miniトイカメラ)
World / Travel (Asia) comments(7) trackbacks(0) 
本場の辛さ
一喜一憂しながら過ごす日々。

四川省と言えば、四川料理
写真は四川省・成都で食べた坦々麺と麻腐豆腐。
中華料理ってこんなに旨かったのか!!と元々好きなんだけど、
改めて実感した日々でした。しかも安いし言うことない。


日本で見かける坦々麺とはちょっと違うね。


「陳麻腐豆腐店」の麻腐豆腐。山椒の効いた味がクセになる。

辛いの大好きな私には、まさにもってこいの場所でした♪
ちょっと幸せ感じちゃってたし。(笑)
でも実際はお店によって辛さの度合いが違うし、日本人だとわかると少々辛さを押さえて出すこともしばしば。中国人の辛さは無理!って笑って言われたお店もあったから。
とはいえ、日本で食べる辛さとはわけが違います。(念のため)
World / Travel (Asia) comments(6) trackbacks(0) 
<< | 2/3 | >>